カトリックの学校とは

カトリックの学校校則とは

カトリックの学校の校則

カトリックの学校の校則は、他の学校の校則より厳しいと思われがちです。しかし、カトリックだからこその良さもたくさんあります。まずは、規律の厳しい中で生活するため社会に出てから言葉遣いや立ち居振る舞いを褒められることは多いです。言葉遣いなどは日常生活でかなり叩き込まれますし、マナー講座があるところも多く、年上の人とも物怖じせず丁寧に受け答えができます。また、奉仕の精神を掲げているためボランティアや掃除、人のために動くことを厭わない精神を身に着けて卒業していく子も多いです。日常的にボランティアに触れ、異なる世代や異なる背景をもつ人との交流もしっかり行われています。

学校における集団生活と校則

学校という場所は、各教科の学習はもちろん大切ですが、各授業や行事はクラスや学年単位で行われており、集団生活について学習する場である、ということも言えます。それゆえ小・中・高の校種の違いや、私学と公立の違いというものもありますが、大なり小なり校則と言われる守るべきルールがあります。それは将来社会生活を送る上で必要なルールやマナーというものを学ぶ、という意味で必要なことでしょう。しかし、頭髪、服装などが細かく規定されているところ、逆に自由を重んじることを趣旨にあまり厳しくないところもあり、それが各学校の特徴にもなっています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 学校の校則と髪型について All rights reserved