学校での服装と校則

学校での服装と校則について

学校の校則と服装の乱れについて

学校にはそれぞれに校則というものがあり、服装もそのひとつです。中学以上になると制服着用が義務づけられているというのがほとんどですが、校則が厳しい学校では、制服のスカートの丈やネクタイの付け方にまでチェックが入ったりします。朝、校門の前で生活指導の先生が待ち構えていて、制服に乱れがあったり、髪型が派手だったりする生徒を注意するという光景も見られます。服装の乱れは生活の乱れの始まりなので、生徒が非行に走らないように注意をするのですが、それに反発してわざと学生にはふさわしくない格好で登校してくる生徒もいて、コントロールが難しいのが現状です。

校則が学校、社会に果たす役割

校則には生活態度から服装、課外活動まで多岐にわたります。学校活動を合理的にするというよりは、風紀を守る役割を果たしている場合が多いようです。高等学校になると、退学を視野に入れ、法律を意識したものも増えてきます。ここで学んだモラルなどはその多くが社会人になった後も色濃く反映されていきます。シラバスやカリキュラムが学習内容を管理するものだとすれば、校則は指針や雰囲気など、道徳的教育を兼ねているのです。生徒たちはこれを通じて、日本社会でのルール、マナー、所属しているグループへの忠誠心などを学んでいきます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 学校の校則と髪型について All rights reserved