学校のメイクの校則

学校のメイクの校則について

学校の校則でメイク禁止な理由

学校の校則でメイクが禁止されているところは多いと思います。しかし、思春期にメイクに興味を持つという子は多いでしょう。休日に少しグロスを塗るだけでも雰囲気は変わりますし、グロスだけなら許してくれる親御さんも多いのではないでしょうか。また、グロスが駄目な場合は色付きのリップクリームが手軽です。化粧は肌によくないと思っている人にもリップクリームなら唇に良い成分も入っているので敷居が下がると思います。これは学校帰りに塗って帰ってもあまり目立たないため活用できます。思春期だからこそ、素肌の素材を生かしつつ唇などのポイントを際立たせてみると可愛く仕上がります。

世界の学校の厳しい校則について

アメリカの学校では、授業中に廊下にいる生徒は許可証を常に持っていなければいけません。また、テキサス州のある学校では生徒のファッションの度が過ぎ、服装に関する校則違反した者は刑務所で着用されているネイビーブルーのつなぎ服を着なければならないということが決められています。フィンランドでは、マイナス18℃以上であれば休み時間は外に出なければなりません。フィンランドの冬はマイナス20℃やマイナス30℃以下という非常に厳しいものなので、子供たち耐寒機能を高めておく必要があるそうです。ドイツでは、雪合戦をしてはいけません。ドイツの雪は氷状になっているので非常に危険なためそのような校則ルールがあります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 学校の校則と髪型について All rights reserved